指名バック・オプションバック


デリヘルで働くのであればバック率以外にも給料がアップするチャンスがあります。代表的なものは指名バックやオプションバックでしょう。これらはどういったものなのでしょうか。

デリヘルの遊び方は2種類あり、指名料を払って好みの女性とプレイをする「指名」という方法と、指名料を払わずに空いている女性と遊ぶフリーと呼ばれる方法があるのです。指名ですと女性に対して指名バックがあり、1000円から2000円がキャッシュバックされます。一方フリーにバックはありません。そのため、指名をしてもらうことは給料アップに繋がるのです。

オプションバックとは、オプションを追加してもらうことでバックされるお金です。デリヘルにはさまざまなオプションが設定されており、代表的なものはコスプレ、ローター、バイブなどがあります。これらのオプションを追加してもらうことで、2000円から3000円のバックがあるのです。さらに、ゴックン、AFなどハードなオプションであれば、5000円から1万円のバックがあります。そのため、オプションバックは見逃せないでしょう。

もちろん、すべてのオプションを可能にする必要はありません。苦手なオプションはNGに設定することができます。しかし、NGを増やし過ぎると指名のチャンスも減ってしまうので注意しましょう。


各業種のバック率について


風俗店にはバック率が設定されているため、その率によって給料は大きく変化します。バック率はジャンルごとに異なりますが、デリヘルのバック率は50%から60%に設定されていることが多いです。店舗型ヘルスのバック率も同様です。デリヘルと店舗型ヘルスのバック率が同様であることから、どちらも変わらないように思えることでしょう。

LINK≪風俗求人掲載・・・汝々艶梅田店≫
バック率が高い風俗店の求人情報です。

しかし、両者には雑費の部分で大きな違いがあります。デリヘルはラブホテルやレンタルルームでプレイを行いますが、店舗型ヘルスは店内にあるプレイルームでプレイを行います。店舗型ヘルスのプレイルームはお店の持ち物であることから、営業終了後に掃除をしなければなりません。シャワールームもありますのでシャワールームの清掃もあります。そのため、雑費としてこういった清掃代が引かれてしまうのです。そのほかに、タオル代を引かれることもあります。デリヘルであればそういったものがありません。

また、ソープランドの場合には、ルームの清掃代のほかに、税金という名目で引かれることがあります。税金とは税務署に納める税金ではなく、昔からの習慣で引かれているのです。デリヘルであればこういった雑費や税金がありませんので、安心して働くことができます。


風俗求人のバック率とは?


風俗で働く女性は数多く存在していますが、その誰もがお金を求めて働いているでしょう。そのため、風俗で働くのであればお金の部分を考えなければなりません。しかし、風俗の給料計算は一般的なアルバイトと異なるものです。ファミレスやコンビニのアルバイトであれば、単純に「時給×働いた時間」で求めることができますが、風俗店のアルバイトですと接客したお客さんの数などで変化します。さらにバック率によっても給与が変化します。

バック率とは、お客さん1人あたりに対して女性が受け取れる金額のこと。バック率が高ければ給料もそれに合わせてアップするのです。そのため、風俗で働くのであればバック率を意識しなければなりません。

例えば、プレイ料金が60分1万5000円のお店で、バック率が50%に設定されていると給料は7500円で、バック率が60%に設定されていると9000円が給料となるのです。そのため、バック率に10%の差があるだけで給料に1500円もの差が生まれます。バック率の重要性がわかるでしょう。さらに、風俗には指名バックやオプションバックと呼ばれるものがあります。指名やオプションを追加してもらうことで給料がアップするチャンスがあるのです。

ただし、風俗の給料は、雑費と呼ばれる出費についても考えておく必要があります。ジャンルによって雑費が設定されており、雑費のかかるジャンルは給料も下がってしまいます。当サイトでは、風俗店におけるバックのシステムや、働くうえでかかる雑費について詳しくご紹介しましょう。