風俗求人のバック率とは?


風俗で働く女性は数多く存在していますが、その誰もがお金を求めて働いているでしょう。そのため、風俗で働くのであればお金の部分を考えなければなりません。しかし、風俗の給料計算は一般的なアルバイトと異なるものです。ファミレスやコンビニのアルバイトであれば、単純に「時給×働いた時間」で求めることができますが、風俗店のアルバイトですと接客したお客さんの数などで変化します。さらにバック率によっても給与が変化します。

バック率とは、お客さん1人あたりに対して女性が受け取れる金額のこと。バック率が高ければ給料もそれに合わせてアップするのです。そのため、風俗で働くのであればバック率を意識しなければなりません。

例えば、プレイ料金が60分1万5000円のお店で、バック率が50%に設定されていると給料は7500円で、バック率が60%に設定されていると9000円が給料となるのです。そのため、バック率に10%の差があるだけで給料に1500円もの差が生まれます。バック率の重要性がわかるでしょう。さらに、風俗には指名バックやオプションバックと呼ばれるものがあります。指名やオプションを追加してもらうことで給料がアップするチャンスがあるのです。

ただし、風俗の給料は、雑費と呼ばれる出費についても考えておく必要があります。ジャンルによって雑費が設定されており、雑費のかかるジャンルは給料も下がってしまいます。当サイトでは、風俗店におけるバックのシステムや、働くうえでかかる雑費について詳しくご紹介しましょう。